新規登録 ログイン
検索条件
タグ 現代語訳

1

2

3

4

5

10_80
Text_level_1
子曰、巧言令色、鮮矣仁 このテキストでは、孔子の教えをまとめた書物論語の中の一節、『子曰、巧言令色、鮮矣仁』の原文(白文)、書き下し文と現代語訳を記しています。学而第一の3番目に記されているもの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『雲林院の菩提講』 ここでは、大鏡の中の『雲林院の菩提講(まめやかに世継が申さむと思ふことは〜)』の現代語訳を行っています。 原文(本文) 「まめやかに世継が申さむと思ふことは、ことごとかは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
宇治拾遺物語『検非違使忠明のこと』 このテキストでは、宇治拾遺物語に収録されている『検非違使忠明のこと』(けびいしただあきらのこと)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001]... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』 このテキストでは、 平家物語の一節「木曾最期」の「今井四郎只一騎、五十騎ばかりが中へ駆け入り~」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「神奈備(かむなび)の三室(みむろ)の山を秋行けば錦断ち切る心地こそすれ」という歌について説明していきます。 原文 神奈備(かむなび)の三室(... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集、そして伊勢物語の84段『 さらぬ別れ』に収録されている歌「世の中にさらぬ別れのなくもがな千代もといのる人の子のため」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだ悲しき」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001] ※万葉... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、竹取物語の冒頭部分(今は昔、竹取の翁といふものありけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※竹取物語は、平安時代初期に成立したとされる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『大津より浦戸へ(亡き児をしのぶ)』 このテキストでは、 土佐日記の一節『大津より浦戸へ(亡き児をしのぶ)』の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※ 土佐日記は平... (全て読む)
10_80
Text_level_1
十八史略『荊軻』 このテキストでは「十八史略」の中の『荊軻』という話の「燕王喜太子丹質於秦〜」から始まる部分の書き下し文・現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。 [ad 001] ※ここで... (全て読む)

1

2

3

4

5