新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
うつくしきもの このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の一節「うつくしきもの」(うつくしきもの。瓜にかぎたるちごの顔。〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 「うつくし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語「車争ひ」 このテキストでは、源氏物語に収録されている「車争ひ」(物も見で帰らむとしたまへど、通り出でむ隙もなきに)の品詞分解をしています。 ※前回のテキスト: 「車争ひ」(斎宮の御母御... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『応長のころ、伊勢の国より』 ここでは、徒然草の中の『応長のころ、伊勢の国より』の品詞分解を行っています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 応長 の(格助詞) ころ、 伊勢の国 より(... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 ここでは、平家物語の『木曽の最期』の「木曽大きに喜びて~」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とするものもあるようで... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『伊勢物語 月やあらぬ』 このテキストでは、伊勢物語の一節「月やあらぬ」(昔、東の五条に大后の宮おはしましける西の対に〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳はこちら: 伊勢... (全て読む)
9_80
Text_level_1
雪のいと高う降りたるを このテキストでは、枕草子の一節「雪のいと高う降りたるを」の品詞分解と敬語の向きを記しています。作者は清少納言です。 [ad 001] ※現代語訳: 枕草子『雪のいと高う降... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「さて、年ごろ経るほどに〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。3回にわたって解説していますが、今回はその2回目です。 [a... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『能登殿最期』 ここでは、平家物語『能登殿最期』の「およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ〜」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。書籍によっては「壇ノ浦の合戦」と題するも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『武蔵野』 このテキストでは、伊勢物語の第12段『武蔵野』(むかし、男ありけり。人のむすめを盗みて、武蔵野へ率てゆくほどに〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「野焼き」と題するも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道『那須野』 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「那須野」(那須の黒羽と云所に知人あれば〜)の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 奥の細道『那須野』わかりやすい現代語訳と... (全て読む)

1

2

3

4

5

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。