新規登録 ログイン
検索条件
科目 中学国語
タグ

1

...

4

5

6

7

8

9

10

1_80
Text_level_1
前回に続いて、2012年度の中学入試によく出題された四文字熟語の意味、由来や同じ意味をもつ言葉について説明しています。日能研の中学入試問題データを参照しています。 異口同音(いくどうおん) ◆... (全て読む)
1_80
Text_level_1
平家物語〜一の谷までのあらすじ〜 平安時代も終わりに近付いている時期に、最大の勢力を持っていたのが、平清盛率いる平氏でした。ライバルであった源義朝をやぶって源氏の力をそぎおとし、清盛は武士として... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『春暁(春眠暁を覚えず)』 ここでは、中国の詩人、孟浩然がよんだ句「春暁」の原文(白文)、書き下し文、現代語訳・口語訳、文法解説を記しています。 原文(白文) ※左から右に読んでください。 春 ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む」という歌について説明していきます。 原文 磐代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば また還り... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、中国の詩人、李白のよんだ句「静夜の思ひ」の書き下し文、そして現代語訳を記しています。 原文 上から下にではなく、左から右に読んでください。 牀 前 看 月 光 疑 是 地 上... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春の野に 霞たなびきうら悲し この夕かげに 鶯鳴くも」という歌について説明していきます。 原文 春の野に 霞たなびきうら悲し この夕かげに 鶯鳴... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「駒とめて袖打ち払ふ陰もなし 佐野のわたりの雪の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 駒とめて袖打ち払ふ陰もな... (全て読む)
1_80
Text_level_1
やうやう/漸う 「やうやう/漸う」は「やうやく/漸く」のウ音便である。 副詞 意味1 だんだん、次第に。 [出典]: 枕草子 清少納言 「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山際、少し明かりて、紫... (全て読む)
1_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに 古文では、現代語とは違う読み方をする文字がでてきます。パターンさへ覚えてしまえば違和感なく読めるようになりますので、1つずつ紹介していきましょう。 ゐ・ゑ・を 「ゐ」はひらがなの「い」... (全て読む)

1

...

4

5

6

7

8

9

10


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他