新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

...

3

4

5

6

7

8

9

9_80
Text_level_1
古今著聞集『小式部内侍が大江山の歌のこと』 このテキストでは、古今著聞集の一節『小式部内侍が大江山の歌のこと』(和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに〜)の品詞分解を記しています。書籍によ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
今昔物語集「検非違使忠明」 このテキストでは、今昔物語集に収録されている、『検非違使忠明・けびいしただあきら』(今は昔、忠明といふ検非違使ありけり〜) の品詞分解をしています。同様の話が宇治拾遺... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語「梓弓」 このテキストでは、伊勢物語の第24段「梓弓」(昔、男、片田舎に住みけり〜)の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 『梓弓』わかりやすい現代語訳と文法解説 ※伊勢物語は平安時代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
これも仁和寺の法師 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草の中から「これも仁和寺の法師」の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納... (全て読む)
9_80
Text_level_1
「かぐや姫の嘆き」の品詞分解 このテキストでは竹取物語の中の「かぐや姫の嘆き」(八月十五日ばかりの月に出でゐて、かぐや姫いといたく泣き給ふ〜)の品詞分解と敬意の向きを記しています。書籍によっては... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『菅原道真の左遷(東風吹かば)』 ここでは、大鏡の「時平」から、「醍醐の帝の御時、この大臣、左大臣の位にて年いと若くておはします〜」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては、『菅原道... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『あだし野の露消ゆる時なく』 このテキストでは、徒然草の中から『あだし野の露消ゆる時なく』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳はこちら: 徒然草『あだし野の露消ゆるとき... (全て読む)
9_80
Text_level_1
神無月のころ このテキストでは、徒然草の一節「神無月のころ」(神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに〜)の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 『神無月のころ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語「木曽の最期」の品詞分解 このテキストでは、平家物語の『木曽の最期』の「君はあの松原へ入らせたまへ~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とするも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
木曽の最期 このテキストでは、平家物語の中の一説「木曾最期」の「木曾殿は、ただ一騎粟津の松原へ駆けたまふ~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」などと題す... (全て読む)

1

...

3

4

5

6

7

8

9

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。