新規登録 ログイン
検索条件
タグ 源氏物語

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨の秋』 ここでは、源氏物語の中の『須磨の秋(月のいとはなやかにさし出でたるに〜)』の現代語訳と解説を記しています。 [ad 001] ※源氏物語は平安中期に成立した長編小説です。一... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『御法』 ここでは、源氏物語の『御法』の章から、「風すごく吹き出でたる夕暮に〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「紫の上の死」、「荻の上露」と題する... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『藤壺の入内』 このテキストでは、源氏物語の桐壷の章『藤壺の入内』(源氏の君は、御あたり去り給はぬを〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては『藤壺の宮の入内』とする... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『御法』 このテキストでは源氏物語の『御法』から「秋待ちつけて、世の中少し涼しくなりては〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては「紫の上の死」、「荻の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵・物の怪の出現』 このテキストでは、源氏物語の『葵』の章から、「あまりいたう泣き給へば〜」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。書籍によっては『葵の上』、『物の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵』 このテキストでは、源氏物語の『葵』の章から、「まださるべきほどにもあらず」から始まる部分の原文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』 このテキストでは、源氏物語の中の『若紫(あはれなる人を見つるかな〜)』の品詞分解をしています。「北山の垣間見」や「若紫との出会ひ」、「若紫の君」と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨・心づくしの秋風』 ここでは、源氏物語『須磨・心づくしの秋風(その日は、女君に御物語のどかに聞こえ暮らし給ひて〜)』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) その日は、女君に御... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨の秋・心づくしの秋風』 このテキストでは、源氏物語の一節『須磨の秋(須磨には、いとど心づくしの〜)』の品詞分解をしています。書籍によっては『心づくしの秋風』と題しているものもあるよ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵』 ここでは、源氏物語の『葵』の章から、「大殿には御物の怪いたう起こりて」から始まる部分の現代語訳(口語訳)とその解説をしています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出現』、『御息... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7