新規登録 ログイン
検索条件
タグ 連語

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
かうてさぶらふ/斯うて候ふ ※副詞「かくて」とハ行四段活用「さぶらふ」の終止形「さぶらふ」が一語になった「かくてさぶらふ」のウ音便。 連語 意味 ごめんください。 [出典]: 二月つごもりごろに... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いかにも/如何にも 副詞「いかに」と係助詞「も」が一語になったもの。 連語 意味1 どのようにでも。 [出典]: 木曾最期 平家物語 「義仲、都にていかにもなるべかりつるが...」 [訳]:義仲... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さばかり/然ばかり ※副詞「さ」と副助詞「ばかり」が一語になったもの。 連語 意味1 その程度、それぐらい、それほど、あれほど。 [出典]: 家居のつきづきしく 徒然草 「この殿の御心、さばかり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さるべき/然るべき 連語 ラ行変格活用「さり」の連体形「さる」と当然の助動詞「べし」の連体形「べき」が一語になったもの。 意味1 最も適当な、しかるべき、そうするのが最もふさわしい。 [出典]:... (全て読む)
9_80
Text_level_1
けしきおぼゆ/気色覚ゆ 連語 ※名詞「 気色」とヤ行下二段活用「 おぼゆ」が一語になったもの。 意味1 趣深く感じられる、情緒が感じられる。 [出典]:和歌こそ 徒然草 「古き歌どものやうに、い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
さればこそ/然ればこそ ラ行変格活用「さり」の已然形「され」、接続助詞「ば」そして係助詞「こそ」が一語になったもの。 連語 意味1 思った通り、やはりそうだ。 [出典]: 火鼠の皮衣 竹取物語 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かかるほどに/斯かるほどに ラ行変格活用「かかり」の連体形「かかる」と名詞「ほど」、そして格助詞「に」が一語になったもの。 連語 意味 こうしているうちに。 [出典]: かぐや姫の昇天 竹取物語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
またいつかは 副詞「また」+代名詞「いつ」+係助詞または終助詞「かは」。 連語 意味 再びいつ-か。 [出典]: 漂泊の思ひ・旅立ち 奥の細道 「弥生も末の七日、あけぼのの空朧々として、月は有明... (全て読む)
9_80
Text_level_1
まくほし/まく欲し ※推量の助動詞「む」の未然形「ま」と接尾語「く」、そしてシク活用の形容詞「ほし」が一語になったもの。 連語 意味 〜たいと思う、〜が願わしい、〜が望ましい。 [出典]: さら... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かくても/斯くても 連語 意味 こんな状態でも、このようにしても。 [出典]: 神無月のころ 徒然草 「かくてもあられけるよと、あはれに見るほどに、かなたの庭に、大きなる柑子の木の、枝もたわわに... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7