新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
徒然草「九月二十日のころ」 このテキストでは、徒然草に収録されている「九月二十日のころ」の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 「九月二十日のころ」の現代語訳と解説 ※徒然草... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 このテキストでは、平家物語の『木曽の最期』の「木曾左馬頭、その日の装束には~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とする... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語『かぐや姫の昇天』 このテキストでは、竹取物語の一節『かぐや姫の昇天』の「立てる人どもは~」から始まる部分の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※前回のテキスト: 『かかるほどに... (全て読む)
9_80
Text_level_1
二月つごもりごろに このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の一節『二月つごもりごろに』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 枕草子『二月つごもりごろに』のわかりやすい現代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
「竹取物語冒頭」 このテキストでは、竹取物語の冒頭部分の「この児養ふほどに、すくすくと~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては、「かぐや姫の生い立ち」や「なよ竹のかぐや姫」、「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』の品詞分解 このテキストでは、平家物語の『木曽の最期』の「今井四郎、木曽殿、主従二騎になってのたまひけるは~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「木曾最... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『小野篁、広才のこと』 このテキストでは、宇治拾遺物語の一節『小野篁、広才のこと』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 宇治拾遺物語『小野篁、広才のこと』のわかりやすい現代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『家居のつきづきしく』 このテキストでは徒然草『家居のつきづきしく』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 徒然草『家居のつきづきしく』の現代語訳 ※徒然草は兼好法師に... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の一節『宮に初めて参りたるころ』の品詞分解と敬語の向きを記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 枕草子『宮に初め... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』 このテキストでは、源氏物語の『若紫(尼君、髪をかきなでつつ、〜)』の品詞分解をしています。「北山の垣間見」や「若紫との出会ひ」、「若紫の君」などと... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。