新規登録 ログイン
検索条件
タグ 品詞分解

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
枕草子『すさまじきもの』 ここでは、枕草子の『すさまじきもの(すさまじきもの。昼吠ゆる犬〜)』の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※枕草子は清少納言によって書かれた随... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・すみだ河』 このテキストでは、伊勢物語「東下り」の「なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に、いと大きなる河あり〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。 [ad 001]... (全て読む)
9_80
Text_level_1
雪のいと高う降りたるを このテキストでは、枕草子の中の「雪のいと高う降りたるを」の品詞分解と敬語の向きを記しています。作者は清少納言です。 [ad 001] ※現代語訳: 枕草子『雪のいと高う降... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『競べ弓・南院の競射・道長と伊周・弓争ひ』 このテキストでは、大鏡の『競べ弓(帥殿の、南院にて人々集めて弓あそばししに)』の品詞分解を記しています。 [ad 001] 書籍によっては「南院の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
花は盛りに このテキストでは、徒然草の中の「花は盛りに」(花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 「花は盛りに、月は隈なきをのみ見... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「さて、年ごろ経るほどに〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。3回にわたって解説していますが、今回はその2回目です。 [a... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語「かぐや姫の昇天/天の羽衣」 ここでは、竹取物語の中の「かぐや姫の昇天」の「天人の中に持たせたる箱~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「天の羽衣」と題するものもある... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『花山院の出家』 このテキストでは、大鏡の中の『花山院の出家』(次の帝、花山院天皇〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「花山天皇の出家・花山院の退位」と題するものもあるようです。 [ad... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』 このテキストでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(前の世にも御契りや深かりけむ〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては『光る君誕生』と題するものもあ... (全て読む)

1

2

3

4

5

6