新規登録 ログイン
検索条件
タグ 伊勢物語

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 ここでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「さて、年ごろ経るほどに〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。3回にわたって解説していますが、今回はその2回目です。 ※前回のテキ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『月やあらぬ』 このテキストでは、平安時代初期に書かれた伊勢物語の一節、「月やあらぬ」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。作者は不明です。 原文 昔、東の五条に大后の宮おはしましける西の対... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『通ひ路の関守』 ここでは、伊勢物語の中の『通ひ路の関守』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 昔、男ありけり。東の五条わたりに、いと忍びて行きけり。みそかなる所なれば、門よりも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段『筒井筒』の「まれまれかの高安に来てみれば〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。3回にわけて解説していますが、このテキ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語「小野の雪」 ここでは、伊勢物語の83段「小野の雪」(昔、水無瀬に通ひたまひし惟喬親王〜)の品詞分解と敬意の向きを記しています。 ※現代語訳: 『小野の雪』わかりやすい現代語訳と解説 品... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『狩りの使ひ』 ここでは、伊勢物語の中の『狩りの使ひ』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) 昔、男ありけり。その男、伊勢の国に狩りの使ひに行きけるに、かの伊勢の斎宮なりける人の親... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集そして伊勢物語の第60段「花橘」に収録されている「五月待つ花橘の香をかげば昔の人の袖の香ぞする」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 原... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『渚の院』 ここでは、伊勢物語の82段『渚の院』(昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 伊勢物語『渚の院(昔、惟喬親王と申す親王おはしましけり〜... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語「梓弓」 ここでは、伊勢物語の第24段「梓弓」(昔、男、片田舎に住みけり〜)の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 『梓弓』わかりやすい現代語訳と文法解説 品詞分解 ※名詞は省略してい... (全て読む)
9_80
Text_level_1
東下り(駿河国) 伊勢物語『東下り(駿河国)』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、問いに答えよ 行き行きて、駿河の国にいたりぬ。宇津の山にいたりて、わ... (全て読む)

1

2

3

4

5

6