新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 古文:文章の訳/読み解き
タグ

1

2

3

4

5

6

1_80
Text_level_1
はじめに 平家物語によると、 「磯へ七、八段ばかりになりしかば、舟を横さまになす」 ということで、那須与一から扇の的までの距離は75m~85mあたりといったところでしょうか。 矢を射るまでの心境... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだ悲しき」という歌について説明していきます。 原文 多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児の... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「むすぶ手のしずくににごる山の井の あかでも人に別れぬるかな」ついて説明しています。 原文 むすぶ手のしずくににごる山の井の あかでも人に... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「防人に 行くは誰が背と問ふ人を 見るがともしさ 物思ひもせず」という歌について説明していきます。 原文 防人に 行くは誰が背と問ふ人を 見るがと... (全て読む)
1_80
Text_level_1
ある人、弓射ることを習ふに 徒然草『ある人、弓射ることを習ふに』でテストに出題されそうな問題をピックアップしていきます。 問題 次の文章を読み、問いに答えよ ある人、弓射ることを習ふに、諸矢をた... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「磐代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む」という歌について説明していきます。 原文 磐代の 浜松が枝を 引き結び 真幸くあらば また還り... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春の野に 霞たなびきうら悲し この夕かげに 鶯鳴くも」という歌について説明していきます。 原文 春の野に 霞たなびきうら悲し この夕かげに 鶯鳴... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「駒とめて袖打ち払ふ陰もなし 佐野のわたりの雪の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 原文 駒とめて袖打ち払ふ陰もな... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、平家物語の冒頭部分、「祇園精舎」についてみていきます。 【原文】 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず。ただ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「思ひあまりそなたの空をながむれば 霞を分けて春雨ぞ降る」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を行っています。 原文 雨の 降る日、女に ... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

枕草子、徒然草、平家物語などの古典文学や万葉集などの和歌の読解(現代語訳、文法解説、単語の説明)に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。