新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・すみだ河』 このテキストでは、伊勢物語「東下り」の一節「なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に、いと大きなる河あり〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『競べ弓・南院の競射・道長と伊周・弓争ひ』 このテキストでは、大鏡の『競べ弓(帥殿の、南院にて人々集めて弓あそばししに)』の品詞分解を記しています。 [ad 001] 書籍によっては「南院の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
花は盛りに このテキストでは、徒然草の中の「花は盛りに」(花は盛りに、月は隈なきをのみ見るものかは〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 「花は盛りに、月は隈なきをのみ見... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「さて、年ごろ経るほどに〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。3回にわたって解説していますが、今回はその2回目です。 [a... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大和物語『姨捨』 このテキストでは、大和物語の中の『姨捨』(信濃の国に更級といふ所に、男住みけり〜)の品詞分解をしています。 [ad 001] ※現代語訳: 大和物語『姨捨』の現代語訳と解説 ※... (全て読む)
9_80
Text_level_1
竹取物語「かぐや姫の昇天/天の羽衣」 このテキストでは、竹取物語の一節「かぐや姫の昇天」の「天人の中に持たせたる箱~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「天の羽衣」と題するも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記『町の小路の女・うつろひたる菊』 このテキストでは、蜻蛉日記の一節『町の小路の女』の「さて、九月ばかりになりて、出でにたるほどに〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』 このテキストでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(前の世にも御契りや深かりけむ〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては『光る君誕生』と題するものもあ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
敬語の対象になるもの 古典にも現代語と同じように、敬語がでてきます。 敬語とは、尊敬語、謙譲語、丁寧語のことですね。 古典の敬語は、現代の敬語とは少し違います。 敬語は身分の違いで解釈をする そ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
二月つごもりごろに このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の一節『二月つごもりごろに』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 枕草子『二月つごもりごろに』のわかりやすい現代... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。