新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文章の読み解き
タグ

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、 伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の子ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。3回にわけて解説していますが、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『雪のいと高う降りたるを』 このテキストでは、 枕草子の一節「雪のいと高う降りたるを」の原文、現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。 書籍によっては「香炉峰の雪」と題するものもあるようです... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『平泉』 このテキストでは、 奥の細道の一節「平泉」(三代の栄耀一睡のうちにして〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※「月日は百代の過客にして、行き交ふ年も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『二月つごもりごろに』 このテキストでは、 枕草子の一節『二月つごもりごろに』の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※枕草子は清少納言によって書かれたとされ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 今は内裏にのみさぶらひたまふ。七つになりたまへば、読書始めなどせさせたまひて、世に知らず聡う賢くおはすれば、あまり恐ろしきまで御覧... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【原文】 源氏の君は、御あたり去りたまはぬを、ましてしげく渡らせたまふ御方は、え恥ぢあへたまはず。いづれの御方も、われ人に劣らむと思いたるやはある、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『木曽の最期(木曾左馬頭、その日の装束には~)』 このテキストでは、 平家物語の一説「木曾最期」(木曾左馬頭、その日の装束には~)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大和物語『姨捨』 このテキストでは、大和物語の一節『姨捨』(信濃の国に更級といふ所に、男住みけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※大和物語は、平安時代に成立し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 南面に下ろして、母君も、とみにえものものたまはず。   「今までとまりはべるがいと憂きを、かかる御使の蓬生の露分け入りたまふにつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『門出』 このテキストでは、 土佐日記の一節『門出』の「男もすなる日記といふものを」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては、「馬のはなむけ」と題す... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

徒然草、竹取物語、枕草子、土佐日記、伊勢物語、奥の細道、平家物語など、高校でよく学習する古典文学の現代語訳や品詞・文法の解説等に関するテキストを集めたカテゴリです。