新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
土佐日記『馬のはなむけ・門出』 このテキストでは、 土佐日記の冒頭「馬のはなむけ・門出(男もすなる日記といふものを〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※ 土... (全て読む)
9_80
Text_level_1
悲しみを表す単語 古典で、人の悲しみや物の哀れさを繊細に表した表現が多く目立ちます。 ここでは、悲しみを表す言葉について説明したいと思います。 [ad 001] あはれ あはれには、 しみじみ心... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 古典の中に「右大臣」や「大納言」といった役職がでてきます。 ちょくちょく目にはしますが、一体どの役職がどれくらいの地位にあるのかという疑問にお答えしたいと思います。(政治の役職について... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 そのころ、高麗人の参れる中に、かしこき相人ありけるを聞こし召して、宮の内に召さむことは、宇多の帝の御誡めあれば、いみじう忍びて、こ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『競べ弓・南院の競射・道長と伊周・弓争ひ』 このテキストでは、 大鏡の一節『競べ弓』(帥殿の、南院にて人々集めて弓あそばししに〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『丹波に出雲といふ所あり』 このテキストでは、 徒然草の一節「丹波に出雲といふ所あり」の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 現代文も然り、古文も場面によって出てくる特別な言葉があります。 ここでは、宮廷のシーンでよく登場する単語を紹介したいと思います。 上達部 読み方に注意しましょう。「 かんだちめ」です ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに 現代文も然り、古文も場面によって出てくる特別な言葉があります。 ここでは、勤務(地方勤務)のシーンでよく登場する単語を紹介したいと思います。 蔵人 「 くろうど」と読みます。 蔵人とは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
現代とで意味の異なる言葉 古典の時代と現代とでは、言葉の意味が異なる単語がいくつも存在しています。 ここ10年の間でも、いろんな言葉が登場し消えて行っていますものね。 言葉の移り変わりは時代の変... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、 伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の子ども〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。3回にわけて解説していますが、... (全て読む)

1

2

3

4

5

6