新規登録 ログイン
検索条件
タグ 証明

1

2

3

4

5

14_80
Text_level_1
実数の平方 a \neq 0 であれば a ^{2} >0 は常に成り立ちます。また a=0 であれば a ^{2} =0 もまた成り立ちます。 このことから、実数aとbにおいて a ^{2} ... (全て読む)
14_80
Text_level_1
恒等式 \left(x+y\right) ^{2} =x ^{2} +2xy+y ^{2} \left(a-b\right) ^{2} =a ^{2} -2ab+b ^{2} のように、x、y、... (全て読む)
13_80
Text_level_1
方べきの定理 方べきの定理とは、2つの弦の延長線上の交点をPとするとき PA×PB=PC×PDが成り立つことを言います。 この定理を証明してみましょう。 証明 まず、△ACPと△BDPにおいて、... (全て読む)
12_80
Text_level_1
与えられた命題が正しいのか間違っているのか 与えられた命題が正しいか間違っているのかを証明する問題です。 この単元では、論理的思考を求められる数学の中でも得に論理的に物事が考えられるかが要求され... (全て読む)
15_80
Text_level_1
数学的帰納法とは 数学的帰納法を使って証明するとは 1:まず出発点となる命題を証明する 2:直前の命題が正しければ、次の命題も正しいことを証明する この2つを証明することで、すべての場合において... (全て読む)
12_80
Text_level_2
角の二等分線の定理 図のように、△ABCにおいて角Aを線分ADが∠BAD=∠CAD=θとなるように、∠Aを2等分するとします。 このとき、 AB:AC=BD:CDとなるのですが、これを証明してみ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
ド・モルガンの法則(定理) ここでは、ド・モルガンの法則(定理)についての説明、そして証明をしてみたいと思います。 ド・モルガンの法則(定理)とは ド・モルガンの法則(定理)とは、集合AとBとが... (全て読む)
14_80
Text_level_1
相加平均と相乗平均 2つの数aとbにおいて、 \frac{a+b}{2}  を 相加平均といいます。 いわゆる普通の平均値を求めるときの計算方法ですね。 一方でa>0、b>0のとき \sqrt{... (全て読む)
14_80
Text_level_1
点と直線の距離を求める公式 まず「点と直線の距離」ときいて、何を思い浮かべますか? 図のような点Pと直線lの距離を求める方法についてみていきましょう。 図のように、直線l:"ax+by+c=0"... (全て読む)
13_80
Text_level_1
中線定理とは 中線定理とは、図の△ABCにおいて辺BCの中点をMとするとき、 AB^{2}+AC^{2}=2\left(AM^{2}+BM^{2}\right) であるというものでした。 中線定... (全て読む)

1

2

3

4

5