新規登録 ログイン
検索条件
タグ 百人一首

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
百人一首(1)天智天皇/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 秋の田のかりほの庵の苫をあらみわが衣手は露に濡れつつ このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「秋の田のかりほの庵の苫をあ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あらし/粗し このテキストでは、ク活用の形容詞「あらし/粗し」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] 「あらし」には ① 荒し ②粗し の用法があるが、ここでは「②粗し」... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(2)持統天皇/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 春すぎて夏きにけらし白たへの衣ほすてふ天の香具山 このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「春過ぎて夏来にけらし白妙の衣ほ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(3)柿本人麻呂/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 あしひきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜をひとりかも寝む このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「あしひきの山鳥の尾のし... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(4)山部赤人/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 田子の浦に うち出でてみれば 白妙の 富士の高嶺に 雪は降りつつ このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「田子の浦にうち... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(5)猿丸大夫/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 奥山に もみぢ踏み分け 鳴く鹿の 声聞く時ぞ 秋は悲しき このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「奥山にもみぢ踏み分け鳴... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おくやま/奥山 このテキストでは、古文単語「おくやま/奥山」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 名詞 意味 人里離れた奥深い山。 [出典]: 百人一首 猿丸大夫 「... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ふみわく/踏み分く このテキストでは、カ行下二段活用の動詞「ふみわく/踏み分く」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] カ行下二段活用 |未然形|ふみわけ| |連用形|ふ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
百人一首(6)大伴家持/歌の意味と読み、現代語訳、単語、品詞分解 かささぎの 渡せる橋に 置く霜の 白きを見れば 夜ぞふけにける このテキストでは、 百人一首に収録されている歌「かささぎの渡せる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しろし/白し このテキストでは、ク活用の形容詞「しろし/白し」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・ク活用 |未然形|しろく|しろから| |連用形|しろく|し... (全て読む)

1

2

3

4

5