新規登録 ログイン
検索条件
タグ 松尾芭蕉

1

2

3

4

5

1_80
Text_level_1
やうやう/漸う このテキストでは、古文単語「やうやう/漸う/やうやく/漸く」の意味、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「やうやう/漸う」は「やうやく/漸く」のウ音便である。 副... (全て読む)
4_80
Text_level_1
元禄文化に出てきた作品 江戸時代前半の文化のことを元禄文化と言います。 庶民を中心とした、活気にあふれた文化です。この時期に台頭した作品をまとめて紹介しましょう。 |名前|主な作品名|ジャンル|... (全て読む)
9_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道『大垣』 このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の中の「大垣」(露通もこの港まで出で迎ひて〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 おくのほそ道では、松尾芭蕉が江戸を出発して... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ゆかし このテキストでは、シク活用の形容詞「ゆかし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・シク活用 |未然形|ゆかしく|ゆかしから| |連用形|ゆかしく|ゆか... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道『草加』 このテキストでは、奥の細道の一節『草加』(ことし元禄二年にや〜)」の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※ 「漂泊の思ひ・旅立ち」の現代語訳と品詞分解... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「那須野」(那須の黒羽と云所に知人あれば〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 原文 那須の黒羽と云所に知人 あれば、是より野... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、松尾芭蕉が詠んだ、「若葉して御目の雫ぬぐはばや」という句の現代語訳と解説をしています。 原文 若葉して御目の雫ぬぐはばや 現代語訳(口語訳) みずみずしい若葉で、盲目... (全て読む)
9_80
Text_level_1
立石寺 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中から「立石寺」(山形領に立石寺といふ山寺あり〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 奥の細道『立石寺』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分... (全て読む)
1_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)

1

2

3

4

5