新規登録 ログイン
検索条件
タグ 兼好法師

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
『亀山殿の御池に』 このテキストでは、 徒然草の一節「亀山殿の御池に」(亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※徒... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『名を聞くより』 このテキストでは、 徒然草の一節『名を聞くより』(名を聞くより、やがて面影は推し量らるる心地するを〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※徒... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『今日はそのことをなさんと思へど』 このテキストでは、 徒然草の一節「今日はそのことをなさんと思へど」(今日はその事をなさんと思へど、あらぬ急ぎ先づ出で来て紛れ暮し〜)の現代語訳・口語訳とその解... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『ある人、弓射ることを習ふに』 このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれたとされ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『筑紫に、なにがしの押領使』 このテキストでは、 徒然草の一節「筑紫に、なにがしの押領使」の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、 徒然草の一節「公世の二位のせうとに」の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『いでや、この世に生まれては』 このテキストでは、 徒然草の一節『いでや、この世に生まれては』の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によっ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『久しく隔たりて会ひたる人の』 このテキストでは、 徒然草の一節『久しく隔たりて会ひたる人の』(久しく隔たりて会ひたる人の、わが方にありつること~)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、 徒然草の一節「雪のおもしろう降りたりし朝」(雪のおもしろう降りたりし朝、人のがり言ふべき事ありて〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
花は盛りに このテキストでは、兼好法師の書いた徒然草の中の「花は盛りに」の「望月の隈なきを、千里の外まで眺めたるよりも〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※前回のテキ... (全て読む)

1

2

3

4

5