新規登録 ログイン
検索条件
タグ 万葉集

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、額田王が詠んだ歌で、万葉集に収録されている「熟田津に船乗りせむと月待てば潮もかなひぬ今は漕ぎ出でな」の原文、現代語訳(口語訳)、解説そして品詞分解を記しています。 [... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「近江の海夕波千鳥汝が鳴けば心もしのに古思ほゆ」の原文、現代語訳・口語訳、品詞分解とその解説を記しています。万葉集の266首目の歌です。 [a... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」の原文、現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001] ※万葉集は、... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集でに収録されている歌「うらうらに照れる春日にひばり上がり情悲しもひとりし思へば」の現代語訳・口語訳と解説、そしてその品詞分解を記しています。 [ad 001] ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌、 天地の分れし時ゆ 神さびて 高く貴き駿河なる不尽の高嶺を 天の原振りさけ見れば 渡る日の影も隠らひ照る月の光も見えず 白雲もい行きはばかり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「韓衣裾に取りつき泣く子らを置きてそ来ぬや母なしにして」の原文、現代語訳(口語訳)、解説そしてその品詞分解を記しています。 [ad 001] ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児のここだ悲しき」という歌について説明していきます。 原文 多摩川にさらす手作りさらさらに 何そこの児の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている歌「石走る垂水(たるみ)の上のさわらびの萌(も)え出(い)づる春になりにけるかも」の原文・現代語訳(口語訳)・品詞分解とその解説を記しています。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「淡海の海夕波千鳥汝が鳴けば情もしのに古思ほゆ」の現代語訳(口語訳)とその解説を記しています。ちなみにこの歌は、万葉集の266首目にあたります... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、柿本人麻呂が詠んだ歌で万葉集に収録されている「東の野にかげろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ」という歌について説明していきます。 原文 東の野にかげろひの立つ 見えて... (全て読む)

1

2

3

4

5