新規登録 ログイン
検索条件
タグ 紀貫之

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
『阿倍仲麻呂・阿部仲麻呂の歌』 このテキストでは、 土佐日記の一節「阿倍仲麻呂」(十九日。日あしければ船いださず〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍によっては「阿倍仲麻呂の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記「二月四日/忘れ貝」 このテキストでは、 土佐日記の一節「四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し』と言ひて〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。書籍... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「むすぶ手のしずくににごる山の井の あかでも人に別れぬるかな」の原文、現代語訳(口語訳)、解説とその品詞分解を記しています。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、 土佐日記の一節「黒鳥のもとに(白波・かしらの雪)」(二十一日〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※ 土佐日記は平安時代に成立し... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『亡児』 このテキストでは、 土佐日記の「二十七日。大津より浦戸をさして〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] 書籍によっては、「大津より... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集で詠まれている「桜花散りぬる風のなごりには水なき空に波ぞ立ちける」という歌について説明していきます。 原文 桜花散りぬる風のなごりには水なき空に波ぞ立ちける... (全て読む)
9_80
Text_level_1
みる/見る このテキストでは、マ行上一段活用の動詞「みる/見る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] マ行上一段活用 |未然形|み| |連用形|み| |終止形|みる| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
いでく/出で来 このテキストでは、カ行変格活用の動詞「いでく/出で来」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] カ行変格活用 |未然形|いでこ| |連用形|いでき| |終止... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、土佐日記に収録されている歌「見し人の松の千歳に見ましかば遠く悲しき別れせましや」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 [ad 001] ※この歌が収... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『二月四日/忘れ貝』 このテキストでは、 土佐日記の中の「四日。楫取り、『今日、風雲のけしきはなはだ悪し』と言ひて〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「二月四日」や... (全て読む)

1

2

3

4

5