新規登録 ログイン
検索条件
タグ 源氏物語

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 月に添へて、御息所の御ことを思し忘るる折なし。「慰むや」と、さるべき人びと参らせたまへど、 「なずらひに思さるるだにいとかたき世か... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 野分立ちて、にはかに肌寒き夕暮のほど、常よりも思し出づること多くて、靫負命婦といふを遣はす。夕月夜のをかしきほどに出だし立てさせた... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 その夜、大臣の御里に源氏の君まかでさせたまふ。作法世にめづらしきまで、もてかしづききこえたまへり。いときびはにておはしたるを、ゆ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 大人になりたまひて後は、ありしやうに御簾の内にも入れたまはず。御遊びの折々、琴笛の音に聞こえかよひ、ほのかなる御声を慰めにて、内... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳 このテキストでは、源氏物語の中の『若紫(尼君、髪をかきなでつつ〜)』の現代語訳・口語訳とその解説をしています。「北山の垣間見」や「若紫と... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』 このテキストでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(いづれの御時にか〜)の品詞分解をしています。書籍によっては『光る君誕生』などと題するものもあるようです... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 はかなく日ごろ過ぎて、後のわざなどにもこまかにとぶらはせたまふ。 ほど経るままに、せむ方なう悲しう思さるるに、御方がたの御宿直な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳 このテキストでは、源氏物語「若紫」の「尼君、『いで、あな幼や。』〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によって... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 さぶらひにまかでたまひて、人びと大御酒など参るほど、親王たちの御座の末に源氏着きたまへり。大臣気色ばみきこえたまふことあれど、も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
葬式のしきたり どの時代であっても「死別」は悲しいものです。 当時の葬式のしきたりや、式の後どのような慣例があったかについて述べたいと思います。 死 まず「死」のことを、避けられない別れというこ... (全て読む)

1

2

3

4

5