新規登録 ログイン
検索条件
タグ 紫式部

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 大人になりたまひて後は、ありしやうに御簾の内にも入れたまはず。御遊びの折々、琴笛の音に聞こえかよひ、ほのかなる御声を慰めにて、内... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 はかなく日ごろ過ぎて、後のわざなどにもこまかにとぶらはせたまふ。 ほど経るままに、せむ方なう悲しう思さるるに、御方がたの御宿直な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 さぶらひにまかでたまひて、人びと大御酒など参るほど、親王たちの御座の末に源氏着きたまへり。大臣気色ばみきこえたまふことあれど、も... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨の秋』 ここでは、 源氏物語「須磨」の章の一節『須磨の秋』(前栽の花、いろいろ咲き乱れ〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※源氏物語は平安中期... (全て読む)
9_80
Text_level_1
たまふ/給ふ/賜ふ このテキストでは、動詞「たまふ」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。「たまふ」にはハ行四段活用(尊敬語の用法)とハ行下二段活用(謙譲語の用法)があります。 [ad ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
みる/見る このテキストでは、マ行上一段活用の動詞「みる/見る」の意味、活用、解説とその使用例を記している。 [ad 001] マ行上一段活用 |未然形|み| |連用形|み| |終止形|みる| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、源氏物語「若紫」で詠まれている歌「生ひ立たむありかも知らぬ若草をおくらす露ぞ消えむそらなき」の現代語訳・口語訳、品詞分解とその解説を記しています。 [ad 001] ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『薄雲』 このテキストでは、 源氏物語の一節『薄雲』の「 雪、霰がちに、心細さまさりて〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。書籍によっては『母子の別れ』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あはれなり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「あはれなり」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|あはれなら|◯| |連用形|あはれな... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あやし/怪し/奇し/賤し このテキストでは、シク活用の形容詞「あやし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・シク活用 |未然形|あやしく|あやしから| |連用... (全て読む)

1

2

3

4

5