新規登録 ログイン
検索条件
タグ 奥の細道

1

2

3

4

5

1_80
Text_level_1
やうやう/漸う このテキストでは、古文単語「やうやう/漸う/やうやく/漸く」の意味、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「やうやう/漸う」は「やうやく/漸く」のウ音便である。 副... (全て読む)
9_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「那須野」(那須の黒羽と云所に知人あれば〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 原文 那須の黒羽と云所に知人 あれば、是より野... (全て読む)
9_80
Text_level_1
立石寺 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中から「立石寺」(山形領に立石寺といふ山寺あり〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 奥の細道『立石寺』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あやし/怪し/奇し/賤し このテキストでは、シク活用の形容詞「あやし」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容詞・シク活用 |未然形|あやしく|あやしから| |連用... (全て読む)
1_80
Text_level_1
俳句の世界で多大なる功績を残した人物が江戸時代に3人存在しました。 松尾芭蕉、与謝蕪村、小林一茶です。 松尾芭蕉 弟子の曽良とともに、東北・北陸・中部地方までの旅を記した紀行文「奥の細道」が一番... (全て読む)
4_80
Text_level_1
元禄文化 江戸幕府の5台将軍、徳川綱吉の時代に京都や大阪(いわゆる上方)を中心に栄えた文化のことを元禄文化と言います。 浮世草子 「うきよぞうし」と読みますが、いわゆる当時の小説のことです。浮世... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、奥の細道の中の『最上川』の現代語訳と解説を行っています。 原文 最上川は、陸奥(みちのく)より出でて、山形を水上とす。ごてん・はやぶさなど云おそろしき難所あり。板敷山の北を流... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道 白河の関 現代語訳はこちら 『奥の細道 白河の関』わかりやすい現代語訳と解説 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 心もとなき(形容詞・ク活用・連体形) 日数 重ぬる(ナ行下二段活用・... (全て読む)
9_80
Text_level_1
奥の細道『那須野』 このテキストでは、松尾芭蕉が書いた奥の細道の中の「那須野」(那須の黒羽と云所に知人あれば〜)の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 奥の細道『那須野』わかりやすい現代語訳と... (全て読む)

1

2

3

4

5