新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 古文:文章の訳/読み解き
タグ

1

2

3

4

5

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「心なき身にもあはれは知られけり 鴫立つ沢の秋の夕暮れ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 心なき身にも あは... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、吉田兼好が書いた徒然草の「仁和寺にある法師」という話をみていきます。 [ad 001] 【原文】 仁和寺にある法師、年よるまで岩清水を拝まざりければ、心うく覚えて、あるとき思... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集で詠まれている「春過ぎて夏きたるらし白妙の衣ほしたり天の香具山」という歌について説明していきます。 原文 春 過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「瓜食めば子ども思ほゆ栗食めばまして偲はゆ いづくより来りしものそ目交にもとなかかりて安眠しなさぬ」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしてい... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに ここでは、古今和歌集及び小倉百人一首に収録されている歌「ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解をしています。 原文 (※1)ひさか... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集で詠まれている「道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ちどまりつれ」という歌について説明していきます。 原文 道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ち... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、松尾芭蕉の書いた奥の細道の冒頭部分についてみていきます。 【原文】 月日は百代の過客にして、行き交ふ年もまた旅人なり。船の上に生涯を浮かべ、馬の口とらへて老いを迎ふる... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集にある歌「東の野に炎の立つ見えてかへり見すれば月傾きぬ」の現代語訳・口語訳とその解説、そして品詞分解をしています。 原文 東の 野に炎の 立つ見えて かへり見す... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、竹取物語の冒頭部分(今は昔、竹取の翁といふものありけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。竹取物語は作者や完成した年は不明ですが、日本で最古の物語作品と言わ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『香炉峰の雪』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中の「香炉峰の雪」(雪のいと高う降りたるを〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 書籍によっては「雪のいと高う降りたるを」と題す... (全て読む)

1

2

3

4

5

枕草子、徒然草、平家物語などの古典文学や万葉集などの和歌の読解(現代語訳、文法解説、単語の説明)に関するテキストを集めたカテゴリです。


知りたいことを検索!

 中学国語
 現代文
   現代文:論説/評論文
   現代文:小説
   現代文:随筆
   現代文:短歌/俳句
 現代文:文法
   現代文:文法
 現代文:作家
   現代文:作家
 現代文:ことば
   現代文:漢字/単語/熟語/ことわざ
 現代文:その他
   現代文:その他
 古典:読み解き
   古文:文章の訳/読み解き
   漢文:文章の訳/読み解き
 古典:文法
   古文:文法
   漢文:文法
 古典:ことば
   古文:単語/ことば
   漢文:単語/ことば
 古典の基礎知識
   古文の基礎知識
   漢文の基礎知識
 古典:その他
   古典:その他

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。