新規登録 ログイン
検索条件
科目 古文
タグ

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
更級日記『門出(東路の道の果て・あこがれ)』 このテキストでは、菅原孝標女が書いた更級日記の中から『門出』(東路の道の果てよりも〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。書籍によっては「東... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『祇園精舎』 このテキストでは、平家物語の冒頭「祇園精舎」(祇園精舎の鐘の声諸行無常の響きあり〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※「祇園精舎の鐘の声〜」で始まる... (全て読む)
9_80
Text_level_1
可愛らしさを表す単語 古典には、女性の美しさや幼い子供の可愛らしさを表す単語がいくつも登場します。 「かわいい」、「美しい」、「きれい」など、現代語にもありますよね。 現代語と同じように、古典文... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『春は曙(あけぼの)』 このテキストでは、枕草子の冒頭「春はあけぼの〜」の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。作者は清少納言です。清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
土佐日記『帰京』(京に入り立ちてうれし~) このテキストでは、紀貫之が書いた土佐日記の中から、「帰京」の「京に入り立ちてうれし~」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。日付で... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳 このテキストでは、源氏物語の『若紫』の「日もいと長きにつれづれなれば〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『初冠』 このテキストでは、伊勢物語の第1段、「初冠」(昔、男初冠して、平城の京、春日の里に〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 ※伊勢物語は平安時代初期に書かれた歌物語です。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『児のそら寝』 このテキストでは宇治拾遺物語の一節、「児(ちご)のそら寝」の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては「稚児の(※1)そら寝」と題されるものや、内容が異なる場合があり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
悲しみを表す単語 古典で、人の悲しみや物の哀れさを繊細に表した表現が多く目立ちます。 ここでは、悲しみを表す言葉について説明したいと思います。 [ad 001] あはれ あはれには、 しみじみ心... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『光源氏の誕生・光る君誕生』 このテキストでは、源氏物語の桐壷の章『光源氏の誕生』(前の世にも御契りや深かりけむ〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によっては『光る君誕生』... (全て読む)

1

2

3

4

5