新規登録 ログイン
検索条件
タグ

1

2

3

4

5

6

7

8

9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り(三河国編)』 このテキストでは、伊勢物語「東下り(三河国編)」(昔、男ありけり〜)の品詞分解をしています。 [ad 001] ※現代語訳: 「昔、男ありけり〜」の現代語訳と解説... (全て読む)
5_80
Text_level_1
はじめに 日本の川は、流れる力が強い(速い)ために土砂を運びます。それらが積もって(堆積して)できた地形がよく見られるわけですが、その地形の中でも扇状地と三角州は地理の授業でよく出る用語なのでチ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
芥川(白玉か) このテキストでは、伊勢物語の中の『芥川』(昔、男ありけり。女の、え得まじかりけるを〜)の品詞分解を行っています。書籍によっては「白玉か」と題するものもあるようです。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳 このテキストでは、源氏物語の『若紫』の「日もいと長きにつれづれなれば〜」から始まる部分の現代語訳・口語訳とその解説をしています。書籍によ... (全て読む)
15_80
Text_level_1
はじめに シグマ 数列の和を求めるためには、Σ(シグマ)と呼ばれる記号を使います。 \displaystyle\sum_{k=1}^{n} a _{k} という式があるとします。これはakという... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大和物語『姨捨』 このテキストでは、大和物語の中の一節『姨捨』(信濃の国に更級といふ所に、男住みけり〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 [ad 001] ※大和物語は、平安時代に成立... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『二月つごもりごろに』 ここでは、枕草子の『二月つごもりごろに』の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。作者の清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后であった中宮定子に仕... (全て読む)
3_80
Text_level_1
反比例の式の求め方 次の問題を一緒に考えてみましょう yがxに反比例し、xの値が4のときにyの値が2です。このとき、yをxで表しなさい [ad 001] 反比例の式を求める問題ですね。 比例の式... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『門出・馬のはなむけ』 このテキストでは、紀貫之が著した土佐日記の中の「門出」の「男もすなる日記といふものを〜」から始まる部分の品詞分解をおこなっています。 [ad 001] 書籍によっては「馬... (全て読む)
12_80
Text_level_3
3乗の多項式の因数分解 ここでは一風変った数式の因数分解の公式を紹介しましょう! 数学Ⅰで学ぶ因数分解は、 a²+2ab+b²=(a+b)² のように、そのほとんどが2乗までの計算です。しかし、... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

8