新規登録 ログイン
検索条件
タグ 枕草子

1

2

3

4

5

6

1_80
Text_level_1
『うつくしきもの』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中の「うつくしきもの」の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『木の花は』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から「木の花は」(木の花は、濃きも薄きも紅梅〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] 原文 木の花は、濃きも薄... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から「五月ばかりなどに」(五月ばかりなどに山里にありく、いとをかし〜)の現代語訳・口語訳とその解説をしています。 この段では、牛車の乗って出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『すさまじきもの』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の『すさまじきもの(除目に司えぬ人の家〜)』の品詞分解を記しています。書籍によっては内容が異なる場合があります。 [ad 001... (全て読む)
1_80
Text_level_1
『香炉峰の雪』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中の「香炉峰の雪」(雪のいと高う降りたるを〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 書籍によっては「雪のいと高う降りたるを」と題... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『すさまじきもの』 このテキストでは、清少納言が書いた「枕草子」から『すさまじきもの』(すさまじきもの。昼吠ゆる犬〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 『すさまじ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
村上の先帝の御時に 村上の先帝の御時に、雪のいみじう降りたりけるを、様器に盛らせ給ひて、梅の花をさして、月のいとあかきに、 「これに歌よめ。いかがいふべき」 と、兵衛の蔵人に給はせたりければ、 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『大納言殿参り給ひて』 このテキストこでは、清少納言が書いた枕草子の一節「大納言殿参り給ひて」の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 『大納言殿参り給ひて』のわかりやすい現代... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『この草子、目に見え心に思ふことを』 ここでは、枕草子の中の『この草子、目に見え心に思ふことを』の現代語訳と解説をしています。 原文(本文) この草子、目に見え心に思ふことを、人やは見むと... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『すさまじきもの』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の一節『すさまじきもの』(験者の、物の怪調ずとて〜)の現代語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※清少納言は平安時代... (全て読む)

1

2

3

4

5

6