新規登録 ログイン
検索条件
タグ 枕草子

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
雪のいと高う降りたるを このテキストでは、枕草子の一節「雪のいと高う降りたるを」の品詞分解と敬語の向きを記しています。作者は清少納言です。 [ad 001] ※現代語訳: 枕草子『雪のいと高う降... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『大納言殿参り給ひて』 ここでは、枕草子の中の『大納言殿参り給ひて』の現代語訳と解説をしています。作者は清少納言です。 [ad 001] ※清少納言は平安時代中期の作家・歌人です。一条天皇の皇后... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から「ありがたきもの」の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※「ありがたきもの」と聞いて、現代語での「ありがたいも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、清少納言が書いた枕草子から、「はしたなきもの」(はしたなきもの。異人を呼ぶに、われぞとさし出でたる〜)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 00... (全て読む)
9_80
Text_level_1
二月つごもりごろに ここでは、清少納言が書いた枕草子の中の『二月つごもりごろに』の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 枕草子『二月つごもりごろに』のわかりやすい現代語訳と解説 [ad 001... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『亀山殿の御池に』 このテキストでは、兼好法師が書いた徒然草に収録されている「亀山殿の御池に」(亀山殿の御池に、大井川の水をまかせられむとて〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [a... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『九月ばかり』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の一節『九月ばかり』(九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※清少... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『宮に初めて参りたるころ』 このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から『宮に初めて参りたるころ』の品詞分解と敬語の向きを記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 枕草子『宮に初... (全て読む)
9_80
Text_level_1
神無月のころ このテキストでは、徒然草の一節「神無月のころ」(神無月のころ、栗栖野といふ所を過ぎて、ある山里にたづね入ることはべりしに〜)の品詞分解を記しています。 ※現代語訳: 『神無月のころ... (全て読む)
1_80
Text_level_1
春はあけぼの このテキストでは、清少納言が書いた枕草子の中から『春はあけぼの』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※ 枕草子「春はあけぼの」の現代語訳と解説 ※清少納言は平安時代中期の... (全て読む)

1

2

3

4

5