新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文法
タグ

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
宇治拾遺物語『袴垂、保昌に会ふこと』 このテキストでは、宇治拾遺物語の一節『袴垂、保昌に会ふこと』(昔、袴垂とて、いみじき盗人の大将軍ありけり〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては、「袴垂... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『須磨の秋』 このテキストでは、源氏物語の一節『須磨の秋(月のいとはなやかにさし出でたるに〜)』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 源氏物語『須磨の秋(月のいとは... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大津より浦戸へ(亡き児をしのぶ) 現代語訳はこちら 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 二十七日。 大津 より(格助詞) 浦戸 を(格助詞) さし(サ行四段活用・連用形) て(接続助詞) 漕ぎ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
徒然草『あだし野の露消ゆる時なく』 このテキストでは、 徒然草の一節『あだし野の露消ゆる時なく』の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳はこちら: 徒然草 『あだし野の露消ゆると... (全て読む)
9_80
Text_level_1
桜木の精 このテキストでは、今物語に収録されている「桜木の精」(小式部内侍、大二条殿におぼしめされけるころ〜)の品詞分解をしています。 ※現代語訳: 今物語『桜木の精』わかりやすい現代語訳と解説... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語「木曽の最期」の品詞分解 このテキストでは、平家物語の『木曽の最期』の「君はあの松原へ入らせたまへ~」から始まる部分の品詞分解を記しています。書籍によっては「木曾最期/木曽最期」とするも... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段『筒井筒』の「まれまれかの高安に来てみれば〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。3回にわけて解説していますが、今回はその3回目です。 ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『ゆく蛍』 ここでは伊勢物語の中の『ゆく蛍』の品詞分解をしています。 現代語訳はこちら 伊勢物語『ゆく蛍・行く蛍』の現代語訳・口語訳 品詞分解 ※名詞は省略してあります。 昔、 男 あり... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『葵』 ここでは、源氏物語の『葵』の章から、「大殿には御物の怪いたう起こりて」から始まる部分の品詞分解をしています。書籍によっては『葵の上』、『物の怪の出現』、『御息所のもの思い』とする... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若菜上』 ここでは、源氏物語の『若菜上』の章から、「三日がほどは、夜離れなく渡り給ふを」から始まる部分の品詞分解をしています。 前回のテキスト 「若菜上(かの紫のゆかり〜)」の品詞分解... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

四段活用、上一段活用、下一段活用、上二段活用、下二段活用、、カ行変格活用、サ行変格活用、ナ行変格活用、ラ行変格活用、ク活用、シク活用、ナリ活用、タリ活用、助詞、助動詞、係り結びの法則など、古典文学で学習する文法等に関するテキストを集めたカテゴリです。