新規登録 ログイン
検索条件
科目カテゴリ 文章の読み解き
タグ

1

2

3

4

5

6

7

9_80
Text_level_1
徒然草 このテキストでは、 徒然草の冒頭「つれづれなるままに」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説・品詞分解を記しています。書籍によっては、「徒然草の序文」とするものもあるようです。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にしてください。 【源氏物語 原文】 南面に下ろして、母君も、とみにえものものたまはず。   「今までとまりはべるがいと憂きを、かかる御使の蓬生の露分け入りたまふにつ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 月日経て、若宮参りたまひぬ。いとどこの世のものならず清らにおよすげたまへれば、いとゆゆしう思したり。 明くる年の春、坊定まりたまふ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り(すみだ河編)』 このテキストでは 伊勢物語の9段「東下り・隅田川」の「なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国との中に〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記していま... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、 伊勢物語の23段「筒井筒」の「さて、年ごろ経るほどに〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。3回にわけて解説していますが、この... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語『木曽の最期』 このテキストでは 平家物語の一節、「木曽の最期」(今井四郎、木曽殿、主従二騎になってのたまひけるは~)の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001]... (全て読む)
9_80
Text_level_1
大鏡『三船の才(公任の誉れ)』 ここでは、大鏡の中の『三船の才・公任の誉れ』(一年、入道殿の大井川に逍遥せさせ給ひしに〜)の現代語訳・口語訳とその解説をおこなっています。 [ad 001] ※大... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『東下り・駿河国』 このテキストでは、 伊勢物語の9段「東下り(駿河国編)」の「行き行きて、駿河の国にいたりぬ〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』の現代語訳 このテキストでは、 源氏物語の一節「若紫」の「尼君、髪をかきなでつつ〜」から始まる部分の原文、現代語訳・口語訳とその解説を記しています。... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あくまでもイメージを掴む参考にして下さい。 【源氏物語 原文】 月に添へて、御息所の御ことを思し忘るる折なし。「慰むや」と、さるべき人びと参らせたまへど、 「なずらひに思さるるだにいとかたき世か... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

徒然草、竹取物語、枕草子、土佐日記、伊勢物語、奥の細道、平家物語など、高校でよく学習する古典文学の現代語訳や品詞・文法の解説等に関するテキストを集めたカテゴリです。