新規登録 ログイン
検索条件
タグ 品詞分解

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
児のそら寝 このテキストでは、宇治拾遺物語の中の一節、「児(ちご)のそら寝」(これも今は昔、比叡の山に児ありけり〜)の品詞分解を記しています。書籍によっては「稚児のそら寝」と題されるものや、内容... (全て読む)
9_80
Text_level_1
丹波に出雲といふ所あり このテキストでは、徒然草に収録されている「丹波に出雲といふ所あり」の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 『丹波に出雲といふ所あり』わかりやすい現代語... (全て読む)
9_80
Text_level_1
源氏物語『若紫・北山の垣間見・若紫との出会ひ』 このテキストでは、源氏物語の中の『若紫(日もいと長きにつれづれなれば、〜)』の品詞分解を記しています。書籍によっては「北山の垣間見」や「若紫との出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『筒井筒』 このテキストでは、伊勢物語の23段「筒井筒」の「昔、田舎わたらひしける人の〜」から始まる部分の品詞分解を記しています。3回にわけて解説していますが、このテキストはその1回目で... (全て読む)
9_80
Text_level_1
かぐや姫の生い立ち このテキストでは、竹取物語の冒頭「今は昔、竹取の翁といふもの〜」から始まる部分の品詞分解を行っています。書籍によっては、「かぐや姫の生い立ち」や「なよ竹のかぐや姫」、「かぐや... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ゆく川の流れ このテキストでは、鴨長明が書いた方丈記の中から、「ゆく川(河)の流れ」(ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳... (全て読む)
9_80
Text_level_1
初冠 このテキストでは、伊勢物語の初段「初冠」(昔、男初冠して、平城の京、春日の里に、しるよしして、狩りに往にけり〜)の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 伊勢物語『初冠』... (全て読む)
9_80
Text_level_1
枕草子『すさまじきもの』 ここでは、枕草子の『すさまじきもの(除目に司えぬ人の家〜)』の現代語訳と解説をしています。 [ad 001] ※枕草子は清少納言によって書かれた随筆です。兼好法師の『徒... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、伊勢物語の9段『 東下り』そして『古今和歌集』に収録されている歌「唐衣着つつなれにしつましあればはるばる来ぬる旅をしぞ思ふ」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を... (全て読む)
1_80
Text_level_1
ある人、弓射ることを習ふに このテキストでは、徒然草の中の「ある人、弓射ることを習ふに」の品詞分解を記しています。 [ad 001] ※現代語訳: 「ある人、弓射ることを習ふに」の現代語訳と解説... (全て読む)

1

2

3

4

5