新規登録 ログイン
検索条件
タグ 係助詞

1

1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を記しています。 [ad 001] ※古今... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、古今和歌集に収録されている歌「人はいさ心も知らず ふるさとは花ぞ昔の香ににほひける」の現代語訳・口語訳と解説、そして品詞分解を記しています。 [ad 001] ※古今... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「道の辺に清水流るる柳陰 しばしとてこそ立ちどまりつれ」の原文、現代語訳(口語訳)、解説と品詞分解を記しています。 [ad 001] ※... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なむ/なん このテキストでは、古文単語「なむ/なん」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「なむ/なん」には、 ・係助詞 ・終助詞 ・ 連語 ・ 助動詞 ・ 動詞 ・... (全て読む)
1_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、新古今和歌集に収録されている歌「思ひあまりそなたの空をながむれば 霞を分けて春雨ぞ降る」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解を行っています。 原文 雨の 降る日、女に ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
なむ/なん このテキストでは、古文単語「なむ/なん/なむや/なんや」の意味、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 「なむ/なん」には、 ・ 係助詞 ・ 終助詞 ・連語 ・ 助動詞 ... (全て読む)

1