新規登録 ログイン
検索条件
タグ 2次関数

1

2

3

4

5

6

7

8

12_80
Text_level_1
2次関数の平行移動について簡単に考えてみよう 次の2つの2次関数の関係について考えてみよう。 y=3x² ・・・① y=3(x-1)²+4 ・・・② この2つの関数をグラフに描くと次のようになる... (全て読む)
12_80
Text_level_1
y=2x²のようにグラフの頂点が原点(0、0)を通るグラフの描き方については中学校で学習をしてきた。では、次の2次関数はどうだろうか。 y=x²+2x-4 どうやってもy=ax²の形にすることは... (全て読む)
3_80
Text_level_1
練習問題を通して理解を深めよう 1:f(x)=2x² (x<1)かつf(x)=-x+3(x≧1) という関数のグラフを描け 今回は1次関数と2次関数があわさったグラフの描き方をみていく。 まずは... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数のグラフの平行移動 y=ax²+q、 y=a(x-p)²、 y=ax²+bx+cのグラフのかきかたで見てきたように、"y=ax²+bx+c"のグラフは、"y=ax²"のグラフを平行移動し... (全て読む)
12_80
Text_level_1
問題 頂点のx座標が1で、その他に2点(2、7)、(4、31)を通る2次関数の式を求めなさい。 <ヒント> 2次関数の式を求めるためには、求める2次関数の式を、"y=ax²+bx+c"または"y... (全て読む)
12_80
Text_level_1
y=x ^{2} + \left(k+3\right) x+ \frac{1}{4} k ^{2} +k+2 のグラフとx軸との接点の数は、kの値によってどう変化するかを考えなさい。 難しそう... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数の定義域と値域 問題 a>0である2次関数"y=ax²−4ax+4a+b"の定義域が−1≦x≦3のとき、その値域は−5≦y≦4です。このとき、定数aとbの値を求めてみましょう 2次関数の... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数の値域 前回は、下に凸の2次関数の値域について説明をしました。 今回はその逆で上に凸の2次関数の値域について説明をします。 前回を読んでいない人は、まずそちらから読んでくださいね。 グラ... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数の最大最小値は、 xの定義域によってその値が変化します。 次の問題を一緒に解いてみましょう。 y=x ^{2} -2x+4 …①のグラフにおいて 1:-1≦x≦0 2:0≦x≦2 3:2... (全て読む)
12_80
Text_level_1
2次関数のグラフとx軸の交点の数 y=ax ^{2} +bx+c の関数のグラフを描いたときに、x軸と関数のグラフが交錯する箇所は何箇所あるでしょうかという問題が出されることがあります。 そのよ... (全て読む)

1

2

3

4

5

6

7

8