新規登録 ログイン
検索条件
タグ 方丈記

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
たづぬ/尋ぬ/訪ぬ ナ行下二段活用 |未然形|たづね| |連用形|たづね| |終止形|たづぬ| |連体形|たづぬる| |已然形|たづぬれ| |命令形|たづねよ| 意味1:他動詞 探し求める、追い... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あるいは/或いは 「あるいは」には、 ①連語 ②副詞 ③接続詞 としての用法がある。 ①連語 ラ行変格活用「あり」の連体形と間投助詞「い」、そして係助詞「は」からなる連語。 意味 ある人は、ある... (全て読む)
9_80
Text_level_1
おほかた/大方 「おほかた/大方」には、 ①名詞 ②副詞 ③接続詞 としての用法がある。 ①名詞 意味1 普通、一般。 [出典]: 桐壷 源氏物語 「おほかたのやむごとなき御思ひにて、この君をば... (全て読む)
9_80
Text_level_1
つくす/尽くす サ行四段活用 |未然形|つくさ| |連用形|つくし| |終止形|つくす| |連体形|つくす| |已然形|つくせ| |命令形|つくせ| 意味1:他動詞 使い果たす、終わりにする、な... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ことなり/異なり/殊なり 形容動詞・ナリ活用 |未然形|ことなら|◯| |連用形|ことなり|ことに| |終止形|ことなり|◯| |連体形|ことなる|◯| |已然形|ことなれ|◯| |命令形|こと... (全て読む)
17_80
Text_level_2
鎌倉時代の中世文学 鎌倉文化は、新しく起こった鎌倉仏教の影響を強く受けて成立しました。武士の家庭に育った西行は、世の無常を感じ妻子を残し出家し、歌集『山家集』を残しました。京都の日野山の庵に隠遁... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あく/飽く 「あく」には ① 明く ② 開く/空く ③飽く などの用法があるが、ここでは「③飽く」について扱う。 カ行四段活用 |未然形|あか| |連用形|あき| |終止形|あく| |連体形|あ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
あまねし/遍し/普し 形容詞・ク活用 |未然形|あまねく|あまねから| |連用形|あまねく|あまねかり| |終止形|あまねし|◯| |連体形|あまねき|あまねかる| |已然形|あまねけれ|◯| ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
とかや 連語 格助詞「と」、係助詞「か」そして間投助詞「や」が一語になったもの。下記の「意味2」では、全体を終助詞ととらえることもできる。 意味1 〜とかいう、〜とかいう人、〜とかいう物。 [出... (全て読む)
9_80
Text_level_1
方丈記『大火とつじ風』 ここでは、方丈記の中の『大火とつじ風』(また治承四年四月のころ中御門京極のほどより〜)の品詞分解をしています。書籍によっては、『治承の竜巻』、『治承のつじ風』などと題され... (全て読む)

1

2

3

4

5

6