新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
風は 風は嵐。三月ばかりの夕暮れに、ゆるく吹きたる雨風。 八九月ばかりに 八九月ばかりに、雨にまじりて吹きたる風、いとあはれなり。雨のあし、横さまにさわがしう吹きたるに、夏とほしたる綿衣のかかりたるを、生絹の単衣かさねて着たるも、いとをかし。この生絹だに... (全て読む)
9_80
Text_level_1
見るにことなることなきものの 見るにことなることなきものの文字にかきてことごとしきもの。   覆盆子(いちご)。 鴨頭草(つゆくさ)。 水芡(みずふぶき)。 蜘蛛(くも)。 胡桃(くるみ)。 文章博士(もんじょうはかせ)。 得業の生(とくごふのしょう)。... (全て読む)
14_80
Text_level_1
定積分で表された関数の問題 ここでは、次のような問題についてみていきましょう。 \int_{a}^{x} f(t)dt=x ^{2} -2x+1 を満たす関数f(x)と、定数aの値を求めてみましょう 難しく考えなくても、考えずに関数f(x)と定数aの値を... (全て読む)
9_80
Text_level_1
せんざい/せざい/前栽 名詞 意味1 庭先に植えた草木、庭木。 [出典]:  九月ばかり 枕草子 「九月ばかり、夜一夜降り明かしつる雨の、今朝はやみて、朝日いとけざやかにさし出でたるに、前栽の露は、こぼるばかり濡れかかりたるも、いとをかし。」 [訳]:九... (全て読む)
9_80
Text_level_1
伊勢物語『花橘』 このテキストでは、伊勢物語の第60段『花橘』(むかし、男ありけり。宮仕へいそがしく、心もまめならざりけるほどの〜)の品詞分解を記しています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 |むかし、|ー| |男|ー| |あり|ラ行変格活用「あり」... (全て読む)
Top_list_bar_chugaku


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
235,792,955 views (05/28更新)



キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari