新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

9_80
Text_level_1
徒然草『世に語り伝ふること』 ここでは、徒然草の中の『世に語り伝ふること』の品詞分解を行っています。 品詞分解 ※名詞は省略しています。 世 に(格助詞) 語り伝ふる(ハ行下二段活用・連体形) こと、 まこと は(係助詞) あいなき(形容詞・ク活用・連体... (全て読む)
9_80
Text_level_1
『名を聞くより』 このテキストでは、徒然草『名を聞くより』(名を聞くより、やがて面影は推し量らるる心地するを〜)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。 [ad 001] ※徒然草は兼好法師によって書かれたとされる随筆です。清少納言の『枕草子』、鴨長... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 祇王 仏御前は、すげなふ言はれたてまつって、既に出でんとしけるを、祇王、入道殿に申しけるは、 「あそび者の推参は、常のならひでこそさぶらへ。其の上、年もいまだ幼なふさぶらふなるが、適々思ひ立って参りさぶらふを、すげなふ仰せられて、かへさせ給はん... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集に収録されている歌「田子の浦ゆ うち出でてみれば 真白にそ 不尽の高嶺に 雪は降りける」の現代語訳・口語訳と解説、品詞分解をしています。 ※この歌の長歌: 「天地の分れし時ゆ神さびて〜」の現代語訳と品詞分解 原文 田子の... (全て読む)
9_80
Text_level_1
すずろなり/漫ろなり このテキストでは、ナリ活用の形容動詞「すずろなり/漫ろなり」の意味、活用、解説とその使用例を記しています。 [ad 001] 形容動詞・ナリ活用 |未然形|すずろなら|◯| |連用形|すずろなり|すずろに| |終止形|すずろなり|◯... (全て読む)
Top_list_bar_chugaku


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
233,088,695 views (04/08更新)



キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari