新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

6

18_80
Text_level_2
はじめに みなさんは、『論語』という書物を知っていますか? 現在でも名著の1つとして様々な人々に読まれている書物です。この論語の元になった孔子は、春秋時代に活躍した思想家でした。このテキストでは、そんな中国古典思想がどのように誕生したのかを見ていきましょ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はじめに ここでは、菅原孝標女の書いた更級日記から『足柄山』(足柄山といふは、四、五日かねて、恐ろしげに暗がり渡れり〜)の現代語訳・口語訳とその解説を行っています。 原文 足柄山といふは、四、五日かねて、恐ろしげに暗がり渡れり。 やうやう入り立つふもとの... (全て読む)
14_80
Text_level_1
内分点とは mとnを異なる正の数とします。 図のように、線分AB上に点Pがあり、"AP:PB=m:n"となるとき、 点Pは、線分ABをm:nに内分する といいます。そして点Pのことを、内分点といいます。 内分点の座標を求める公式 数直線上の2つの点を、"... (全て読む)
22_80
Text_level_1
古学 江戸時代に盛んであったのが儒教、とくに朱子学でした。しかしそんなご時世の中で、朱子学ではなく孔子や孟子の教えこそが人間の生きるべき道を本当に表した書物ではないかという考えが出てきます。これがいわゆる古学です。 代表的な古学学者 代表的な古学の学者と... (全て読む)
11_80
Text_level_1
tooとeither 「~もまた」の意味を持つ 「,too」 と 「either」ですが、どのように使い分けたらいいのでしょうか。 tooは 基本的には肯定文でのみ使います。 ただtooと覚えるのではなく、「 ,too」と覚えましょう。 この「,(カンマ... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
220,518,331 views (07/17更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari