新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 大夫、例のところに文やる 大夫、例のところに文(ふみ)やる。さきざきのかへりごとども、みづからのとは見えざりければ、うらみなどして、 ゆふされのねやのつまづまながむれば てづからのみぞくももかきける とあるを、いかがおもひけん、しろい紙にものの... (全て読む)
9_80
Text_level_1
ひるつかた/昼つ方 名詞 意味 昼ごろ、昼の時分。 [出典]: 宮に初めて参りたるころ 枕草子 「昼つかた、『今日は、なほ参れ。雪に曇りてあらはにもあるまじ。』など、たびたび召せば...」 [訳]:昼ごろ、「今日は、やはり参上しなさい。雪雲で(空が)曇っ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
しばし/暫し 副詞 意味 少しの間、しばらく、ちょっとの間。 [出典]: 花山院の出家 大鏡 「弘徽殿の女御の御文の、日ごろ破り残して御身も放たず御覧じけるを思し召し出でて、『しばし。』とて、取りに入りおはしましけるほどぞかし...」 [訳]:(花山天皇... (全て読む)
25_80
Text_level_1
はじめに ここでは運動量保存の法則の中でも、止まっている物体に動いている物体がぶつかる場合にフォーカスをして述べて行きましょう。 図のように球Aを止まっている球Bにぶつけます。球Aは v _{1} m/s の速さでBにぶつかり、A・Bの質量はそれぞれ m... (全て読む)
9_80
Text_level_1
平家物語 禿髪(かぶろ・かむろ) かくて清盛公、仁安三年十一月十一日、年五十一にて、病にをかされ、存命の為にたちまち出家入道す。法名は、浄海とこそ名乗られけれ。そのしるしにや、宿病たちどころにいへて、天命を全(まっとう)す。人の従ひつくこと、吹く風の草木... (全て読む)


Top_list_bar_chugaku

1




知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
222,247,846 views (09/20更新)




キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari