新規登録 ログイン
Top_list_bar_koukou

1

2

3

4

5

9_80
Text_level_1
はじめに このテキストでは、万葉集の第5巻に収録されている「うちなびく春の柳とわがやどの梅の花とをいかにかわかむ」(八二六)の現代語訳・口語訳とその解説を記しています。この和歌は、平成の次の元号である「令和」(2019年5月1日〜)の由来となった万葉集『... (全て読む)
9_80
Text_level_1
はづる/外る ラ行下二段活用 |未然形|はづれ| |連用形|はづれ| |終止形|はづる| |連体形|はづるる| |已然形|はづるれ| |命令形|はづれよ| 意味1:自動詞 はみ出る、外へ抜け出る、離れる。 [出典]: 五月ばかりなどに 枕草子 「左右にあ... (全て読む)
9_80
Text_level_1
蜻蛉日記 めざましと思ひし所は めざましと思ひし所は、いまは天下のわざをしさわぐときけば、心やすし。昔よりのことをばいかがはせん、たへがたくともわが宿世(すくせ)のおこたりにこそあめれなど、心を千々(ちぢ)におもひなしつつありふるほどに、少納言の年へて四... (全て読む)
10_80
Text_level_1
『人虎伝』 ここでは中国の説話集「唐人説会」におさめられている『人虎伝』(虎曰、我有旧文数十篇〜)の書き下し文、現代語訳(口語訳)とその解説を行っています。中島敦の短編小説「山月記」はこの話を元に書かれていますが内容が違いますので注意してください。 原文... (全て読む)
10_80
Text_level_1
史記『風蕭蕭兮易水寒・壮士一去兮不復還』 ここでは司馬遷が著した史記から『風蕭蕭兮易水寒・壮士一去兮不復還』の「遂発。太子及賓客知其事者〜」から始まる部分の書き下し文・現代語訳(口語訳)と解説を行っています。 前回のテキストはこちら 史記『風蕭蕭兮易水寒... (全て読む)
Top_list_bar_chugaku


知りたいことを検索!

マナペディアのデータ
Text_views
232,353,961 views (03/31更新)



キーワード検索

推奨ブラウザ
firefox Google Chrome safari
Firefox Google Chrome Safari