新規登録 ログイン

10_80 文章の読み解き / 文章の読み解き

論語 為政第二 1~3

著者名: 春樹
Text_level_1
マイリストに追加
【原文】

1:子曰、為政以徳、譬如北辰居其所、而衆星共之。

2:子曰、詩三百、一言以蔽之、曰思無邪。

3:子曰、導之以政、斉之以刑、民免而無恥、導之以徳、斉之以礼、有恥且格。

【書き下し文】

1:子曰く、政(まつりごと)を為すに徳を以ってす。譬(たと)えば北辰のその所に居て、衆星のこれを共(むか)うが如し。

2:子曰わく、詩三百、一言以てこれを蔽(おお)う、曰わく思い邪(よこしま)なし。

3:子曰く、これを導くに政を以ってし、これを斉える(ととのえる)に刑を以ってすれば、民免れて恥なし。これを導くに徳を以ってし、これを斉えるに礼を以ってすれば、恥有りて且つ格し(かつただし)。
【現代語訳】

1:孔子はおっしゃいました。「徳を用いて政治を行えば、北極星を中心としてその周りを星がめぐるように、うまく治めることができるでしょう」と。

2:孔子先生はおっしゃいました。「詩経には、300以上の詩があるが、その詩に書かれていることは1つの言葉でくくることができる。それは、『よこしまなでない、まっすぐな気持ち。』ということである」と。

3:孔子はおっしゃいました。「国民を導くために政策を用い、また治めるために刑罰をもってすれば、国民は法律の穴をみつけるでしょう。しかし。徳をもって国民を導き、礼をもって国を治めるならば、国民はその身を正すようになりましょう」と。

Tunagari_title
・論語 為政第二 1~3

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
青空文庫http://www.geocities.co.jp/Berkeley/3776/rongo_index.html
『渋沢栄一 論語の読み方』三笠書房

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 2,800 pt 
 役に立った数 0 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。