新規登録 ログイン

13_80 場合の数と確率 / 確率

余事象の確率の求め方

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
余事象の確率の求め方

とある事象Uの中で、特定の条件を満たしている事象をAとします。
この事象Aが起こる確率はP(A)で表すことができました。

余事象とは、事象Uの中でAではない事象のことを指し 
 
で表します。


いまの例で考えると、事象Uは、とある条件を満たすと、Aではない事象 、この2つの事象で成り立っています。

このような時、次の計算式が成り立ちます。


わかりやすく、サイコロを例に考えてみましょう。

サイコロを1回ふったときに、1、2以外の目が出る確率を考えてみます。
考え方としては、

1:【3・4・5・6の目が出る確率を求める】

もしくは

2:【1か2が出る確率を求め、先程の定理を使って求める】

この2つの方法がありますが、せっかくですので後者で解いてみましょう。
サイコロを1回ふって1か2が出る確率は

 

なので、公式より



これが、1と2以外の目が出る確率となります。

Related_title
もっと見る 


Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学A』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,348 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 23 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。