新規登録 ログイン

3_80 数と式 / 3年:2次方程式/解の公式

2次方程式のタイプ別解き方

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは、様々な2次方程式のタイプ別の解き方についてまとめています。
○○

一番簡単な形です。
例えば という式をみてみます。
何を2乗すれば9になるのかを考えます。
そう、3と-3ですね。マイナスがあることを忘れないでくださいね。

x=3、-3が答えとなります。

-○○=0

 という式があったとします。
この式は-5を右辺に移行して、 として考えます。
あとは先程の問題と同じ解き方です。
 となります。

〇〇

ちょっとずつややこしくなってきましたね。
 を考えてみましょう。

考えかたにこつがあります。x+1を1つの大きな文字「A」として考えてみましょう。
つまり、 と考えるのです。
するとどうでしょう?一番最初にやったタイプと全く同じになりましたね。

2乗して3になるのは、√3と-√3ですので




となりますね。

以上3つのタイプにわけて2次方程式の解き方を説明してきました。
どれも基本的な解き方ですので、しっかりと自分のものにできるようにしておきましょう。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新しい数学3』 東京書籍
『教科書 中学数学 3』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,767 pt 
 役に立った数 7 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!