新規登録 ログイン

16_80 関数とその極限 / 関数値の極限

関数の極限~発散~

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
前回の続き

前回は、関数の極限値への収束について述べました。
ここでは、その逆の発散について説明していきましょう。
発散

関数f(x)において、xの値がaに限りなく近づくときに、f(x)の値が限りなく大きくなるときf(x)は正の無限大に発散すると言います。
そしてこのことを次のように表します。

または
 のときに


一方で、xの値がaに限りなく近づくときに、f(x)が負の値をとり、その絶対値が限りなく大きくなるとき、f(x)は負の無限大に発散すると言います。
そしてそのことを次のように表します。


または
 のときに

Tunagari_title
・関数の極限~発散~

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学Ⅲ』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 5,540 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。