新規登録 ログイン

16_80 関数とその極限 / 合成関数と逆関数

逆関数の求め方~基礎~

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
逆関数

逆関数とは、y=f(x)という関数があったときに、これをx=g(y)の形に変形して、その上でxとyの値を入れ替えて出来る関数、y=g(x)のことを言います。
では実際に問題を通して、逆関数の求め方の理解を深めていきましょう。
問題:次の関数の逆関数を求めなさい

 …①
ステップ1

まず①を「y=○」の形から「x=○」の形に変形させます。
①を変形すると


 …②

ステップ2

ステップ1でできた②の、xとyの値を交換します。つまり


これが①の逆関数となります。
この2つのステップをきちんと踏めば、逆関数の求め方は大丈夫ですね!
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 数学Ⅲ』 数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 50,354 pt 
 役に立った数 51 pt 
 う〜ん数 10 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。