新規登録 ログイン

3_80 数と式 / 2年:式の加法・減法・乗法・除法

係数と次数

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
次数と係数

 という式があったとします。
この式は、
という3つの項にわけることができますが、今回注目するのは、
 や  のように、数字と文字がセットになっているものです。
係数

数字と実数がセットになっているとき、数字の部分をその項の係数と言います。つまり、 の係数は2、 の係数は3ですね。
次数

一方で、 は2×a×aの略式ですが、掛けあわせている文字の個数を、その項の次数と言います。つまり の次数は2ですね。
ちなみに、  の次数は何になるでしょうか?

このときは、各項の次数のうち最も数の多い次数を採用します。
 のとき、一番大きい次数は の2ですので、この式は2次の式であると言います。次数が1のときは1次の式(1次式)と言います。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 新しい数学2』 東京書籍

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 11,217 pt 
 役に立った数 29 pt 
 う〜ん数 6 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。