新規登録 ログイン

3_80 数と式 / 1年:1次方程式・不等式

方程式の「解」とは?

著者名: OKボーイ
Text_level_1
マイリストに追加
方程式の解

2x-6=0という方程式があったとしましょう。このとき、この式の等号(=)が成り立つxの値のことを方程式の解と言います。
そしてこの解を求めることを、方程式を解くと言います。

この言葉は、数学では必ず出てきますので覚えておきましょう!
実践

では早速、2x-6=0を解いてみましょう。
2x-6=0の-6を右辺に移行すると、2x=6となります。つまり、2に何をかけたら6になるのかを考えます。

2×3=6なので、x=3となりますね。大事な事なので何度も書きますが、2に何をかけたら6になるかな-と考えれれば、おのずと答えは見えてくるはずです。(かけ算九九がわかっていれば問題ないと思います。)
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『中学数学 自由自在』受験研究社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 41,531 pt 
 役に立った数 108 pt 
 う〜ん数 43 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。