新規登録 ログイン

24_80 生物:生物の進化と系統 / 生物:生物の進化

高校生物 地質時代の区分~先カンブリア時代とその時代の出来事~

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

地層が地球上にできてから現代に至るまで約40億年ありますが、この期間を地質時代と言います。この地質時代は大きく分けて「先カンブリア時代」、「古生代」、「中生代」、「新生代」の4つにわけられます。

先カンブリア時代

地質年代嬢、認められている岩石の層の中で最も古い時代区分になり、約40億年前~5億7500万年前までの期間を指します。

主な出来事

地球での最初の生命は、この期間に誕生したとされています。はじめは全て単細胞の生物で、はっきりとした形を持たない原核生物でした。

やがて進化をして、光合成を行う生物が誕生します。約35億年前に誕生したラン藻植物が、光合成をする最も古い植物と言われています。光合成をする植物によって地球上に酸素が満たされ始め、またオゾンによって宇宙空間からの紫外線を遮るようにもなります。このようにして生物の進化に必要な環境が整えられていったのですね。

この環境の中で原核生物は、真核生物へと進化をしていきます。これが動物や植物の直接的な始まりとされています。

古生代が近くなると、海中に無脊椎動物も姿を現し始めました。
Tunagari_title
・高校生物 地質時代の区分~先カンブリア時代とその時代の出来事~

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 生物Ⅱ』東京書籍
『教科書 生物Ⅱ』数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 15,189 pt 
 役に立った数 11 pt 
 う〜ん数 4 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!