新規登録 ログイン

24_80 生物:生物の環境応答 / 生物:植物の環境応答(植物ホルモンと光受容体)

屈性と傾性の性質と違い~傾性編~

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ここでは、植物の特性である屈性と傾性について(特に傾性について)説明をしています。

傾性

みなさんは、おじぎ草に触れたことがあるでしょうか?
ALT

おじぎ草

手先で触れてみると、おじぎ草の葉はお辞儀をするように傾きます。この動きが傾性です。教科書的に書くと、与えられた刺激の強さに反応して、一定の方向に屈曲運動をする現象のことです。

屈性とは違って、刺激の方向とは無関係に一定の方向に屈曲することが特徴です。
植物が傾性を示すのは以下のようなものです。
刺激の種類傾性の種類
光傾性花が昼に開いて夜に閉じる
温度温度傾性花が、温度が高くなると開花する(桜)
接触接触傾性おじぎ草

Tunagari_title
・屈性と傾性の性質と違い~傾性編~

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 新生物Ⅰ』数研出版
『教科書 生物Ⅰ』数研出版
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 14,590 pt 
 役に立った数 17 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ