新規登録 ログイン

24_80 生物:生物の環境応答 / 生物:植物の環境応答(植物ホルモンと光受容体)

植物ホルモン~オーキシンの働き~

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

植物の成長はすべて、植物ホルモンの働きによって担われています。
ここでは、植物ホルモンの中で植物の茎を伸ばす作用のあるオーキシンについて説明をしています。

オーキシン

オーキシンは茎の先端や若葉で合成され、成長する部分へと移動していきます。
このオーキシンにはいくつか特徴があります。

植物内での移動

まず移動する方向ですが、必ず先端から基部へと移動します。逆方向に移動することはありません。これを極性移動と言います。
さらに植物内を移動するとき、オーキシンは光のあたらない方向をチョイスして動きます。不思議ですね。

オーキシン濃度

植物は、根・茎・葉・花と部位によってオーキシンの適性濃度が変わってきます。そのために、例えば茎を成長させるのに最適なオーキシン濃度が、根の成長の妨げになってしまうこともあります。
成長に必要なオーキシン濃度の強さは、茎>芽>根の順に高くなっています。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 新生物Ⅰ』数研出版
『教科書 生物Ⅰ』数研出版
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 12,322 pt 
 役に立った数 6 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。