新規登録 ログイン

24_80 生物:生物の環境応答 / 生物:動物の環境応答(刺激の受容と反応)

ヒトの受容器(感覚器官)とそれが受ける刺激のまとめ一覧

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

ヒトは、生きている環境下で様々な刺激を受けています。
例えば耳が音を感知したり、鼻で匂いを嗅ぎ分けたりと、これらは私たちの体にある受容器(または感覚器官)と呼ばれる器官が周りからの刺激に反応しているからです。

ヒトの受容器官

この受容器(感覚器官)について、どの器官がどのような刺激を受け取っているのかまとめてみましょう。

感覚受容器適刺激
視覚
聴覚音波
平衡感覚耳(前提、半規管)体の傾き、体の回転
嗅覚気体に混じっている化学成分
味覚液体、個体に混じっている化学成分
触覚皮膚外部からの機械的な刺激
痛覚皮膚強い圧力や熱など
温覚・冷覚皮膚高温・低音の刺激

Related_title


Keyword_title

Reference_title
『教科書 生物Ⅰ』第一学習社
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 21,267 pt 
 役に立った数 9 pt 
 う〜ん数 12 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。