新規登録 ログイン

24_80 生物:生殖と発生 / 生物:生殖

体内受精と体外受精 特徴とその違い

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
体内受精と体外受精

雄から放出された精子は泳いで卵子のところにいく必要があるので、受精のためには精子が泳ぐための水分が必要になります。
受精には水分が少なくてもすむ体内受精と水分の多いところで行われる体外受精の2タイプがあります。

体内受精

体内受精とは、生物において卵が雌の体内から外に出ずに、雌の体内において受精が行われることです。ヒトを始め、哺乳類や鳥類、爬虫類などが体内受精を行います。
これは体内での受精なので、水分の心配はありません。しかしもう1方の体外受精はどうでしょう。

体外受精

体外受精とは体内受精の反対で、卵が親の体外にでて、その名の通り体の外で受精が行われることです。鮭の産卵シーンを目にされた方も多いかと思いますが、まさにあれです。
主に魚類や両生類がこれを行います。最近は不妊治療の一貫で、人為的にヒトに対しても行われていますね。

生物は、環境にあわせて受精の仕方まで変化させたのですね。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『チャート式 新生物Ⅰ』数研出版

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 8,764 pt 
 役に立った数 2 pt 
 う〜ん数 0 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。