新規登録 ログイン

24_80 生物:生命現象と物質 / 生物:DNAとその発現

高校生物 DNAの構造

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

DNAには、私たちの遺伝の情報が詰まっており、そこには1人1人違う情報が入っています。
DNAの構造

DNAは、糖(デオキシリボース)リン酸塩基から構成される核酸で、その拡散の最小単位のことをヌクレオチドと言います。

塩基にはアデニン(A)グアニン(G)シトシン(C)チミン(T)の4種類があります。ですので、この塩基がどのように配列されているのかによって核酸の種類が決まってきます。

二重らせん構造

核酸が結合したものをヌクレオチド鎖と言います。
このヌクレオチド鎖が塩基間で結合することで、DNAの基本構造であるらせん構造を形どっています。(テレビや資料集で目にしたことがあるはずです)
ALT


塩基の割合

面白いことに、DNAでの塩基の割合は一定に保たれています。
A(アデニン):T(チミン)=1:1

C(シトシン):G(グアニン)=1:1

ちなみに塩基は、水素結合で結ばれています。

これは『アデニンとチミン』が、そして『シトシンとグアニン』が、DNAの二重らせん構造内で常に2組で1セットになっているためです。
Related_title


Keyword_title

Reference_title
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 30,108 pt 
 役に立った数 49 pt 
 う〜ん数 15 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。