新規登録 ログイン

24_80 生物基礎:生物の多様性と生体 / 生物基礎:気候とバイオーム

主な生物分布の法則

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
ここでは、主な生物分布の法則についてまとめてみました。
法則詳細
ベルクマンの法則寒い地域に住む種ほど、暖かい地域に住む同じ種よりも体が大きい
アレンの法則寒い地域に住む種ほど、温かい地域に住む同じ種よりも耳や足などの突出部が小さくなる
グローシャーの法則寒い地域に住む種ほど、温かい地域に住む同じ種よりも体(体毛)の色が薄くなる
ラポポートの法則緯度が高い地域(寒帯温帯)より、低い地帯(熱帯)の方が、一般的に動植物の種類が多い
フォスターの法則島のように孤立した地域の動物は、大型動物であればサイズが小さくなり、小型動物であればサイズが大きくなる
レンシュの法則雄と雌のサイズで、雄の方が大きときはそのサイズ差は広がり、雌の方が大きいときは、そのサイズ差は縮まる
コープの法則生物は進化に伴い体が大きくなる


Related_title


Keyword_title

Reference_title
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂
『教科書 生物Ⅰ』第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 9,096 pt 
 役に立った数 6 pt 
 う〜ん数 2 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。