新規登録 ログイン

24_80 生物基礎:生物の多様性と生体 / 生物基礎:植生とその遷移

水が不足すると植物はどうなるのか

著者名: gg佐藤
Text_level_1
マイリストに追加
はじめに

普段は根から水分を吸い上げている植物ですが、土壌の水分が少なくなってしまったり、天気がよすぎて蒸散しすぎてしまうと(水分を出しすぎてしまうと)、植物は枯れてしまいます。
しかし、移動することはできない植物といえど、さすがに枯れる前に抵抗をみせます。その抵抗について述べて行きましょう。
気孔を閉じる

水分が足りなくなると、まず植物は蒸散で飛んで行く水分の量を抑えようとします。アブシン酸という物質が生成され、この働きによって気孔を閉じるのです。
これによって蒸散で飛んで行く水分の量を10分の1~30分の1に抑えます。
吸水力を上げる

それでも水分が足りなくなると、今度は根の吸水力を上げます。これは植物内の水分が少なくなったことによって、細胞内の浸透圧が高まることで起こる現象です。

Keyword_title

Reference_title
『理解しやすい生物ⅠB・Ⅱ』文英堂
『教科書 生物Ⅰ』第一学習社

この科目でよく読まれている関連書籍

このテキストを評価してください。

※テキストの内容に関しては、ご自身の責任のもとご判断頂きますようお願い致します。

 

テキストの詳細
 閲覧数 6,660 pt 
 役に立った数 1 pt 
 う〜ん数 1 pt 
 マイリスト数 0 pt 

知りたいことを検索!

まとめ
このテキストのまとめは存在しません。